RIETI バブル崩壊数十年間ま経済成長てなくて糞政治の

RIETI バブル崩壊数十年間ま経済成長てなくて糞政治の。「アベノミクスもあって安倍支持者でした」のような。アベノミクス大失敗でオワコン国家日本消費税10%ってw

2000万余計、貯まらないじゃん

言ってる事矛盾すぎ バブル崩壊、数十年間ま経済成長てなくて、糞政治のオンパレードで完全退廃てるな

こんな国、いくら納税て無駄

ありえない程低い還元率

経済政治詰んだオワコン日本税率10%って、そんな価値

ま 安倍政権預金封鎖の計画復活させた総理なので
どうでいいのでょうか RIETI。年代。年代を通じて堅調な成長を続けている米国は。情報通信
技術革命によって労働生産性を大きく高めたのバブル経済崩壊後の年代
を。よく「失われた年」と呼びますが。年代に入ってからも。日本の経済
成長経済停滞からの脱却をめぐる議論では。デフレから脱出すれば需要が回復
して成長経路に乗るという主張があります。を穴埋めするか。海外に投資する
か。金利を引き下げて民間投資を促進するか。ということしかなく。これらの
政策の

?高度経済成長のバブル崩壊と失われた25年の謎。もくじ第一章 日本にとって「年安保闘争」とは何だったのだろうか? 第二章
池田勇人総理の「所得倍増論」と高度経済成長第三章 長期政権でを三倍に
した佐藤栄作総理第四章 田中角栄総理の日本列島改造論とロッキード事件第五章オワコン国家日本が消費税10%ってw。言ってる事が矛盾しすぎバブル崩壊から。数十年間まともに経済成長してなくて
。糞政治のオンパレードで完全に退廃してるな。 こんな国に。いくら納税しても戦後日本経済の時期区分。①復興期,②高度成長期,③低迷期,安定成長期,④バブルと崩壊期,⑤停滞期
,成熟期 ①の戦後復興期については,年から年までの年間とみる
見解は,ほぼ一致して いる。②についても,その始点は年の政治的?経済

「アベノミクスもあって安倍支持者でした」のような アベノミクスが国民を豊かにするもの という誤解があることが大問題です。 アベノミクスがとんでもないもの という現実を多くの国民が知れば この政権は持たないと思いますよ。 円建て資産で給料を貰っている日本ではアベノミクスでほとんどの給与所得者が負け組になっており勝ち組なんてほとんどいないんですよ。企業の決算も日本とは関係ない海外に生産拠点を持ち海外の通貨で決済をすれば、売り上げが伸びていなくても 円に直せば高収益と錯覚する帳簿上のダマシが行われているだけです。 しかもその円の価値下落分が数字に上乗せされているのに、その分を賃金に還元しない安倍政権発足後 実質賃金はマイナスです。人件費を削ればますます高収益に見えるのは当たり前なんです。いわば 賃金を削られてその事実を知らせないのに「企業は高収益でアベノミクスが成功しているだろう?」とだましているわけです。 株で儲けているってのもおかしいですね。「投資」というのは 判断が的確ならば買い方だけではなく 売り方でも儲けられますし 為替差益を考えて海外投資もするのが「投資家」です。それが国際常識であるのに 日本はなぜか国内だけに制限して、円建て資産の価値そのものが下落しているのにそこから目を塞ぎ、買い方に徹する人間だけを 「投資家」にしたがるようです。いわば ポジションが臨機応変、為替損益も考えて世界的視点で見れば どんな相場でも判断を誤らなければ確実に儲けられるものなので、 投資家としては政権の支持不支持の材料には本来なりえません。 政権の支持不支持は「投資家」としてではなく「国民」として 現政権がどんな法案を導入しようとしているかという視点で見るべきで、消費税を増税するなど国民を不利に、既得権益層を有利にする目的だけの安倍政権の支持理由なんて まともな人から見れば 微塵もないんですよ。なぜならば安倍政権は 身を切る改革なく国民負担を増やすだけの政権であり一部の悪質な人間が流している「安倍政権は消費税増税に抵抗している」なんて話はデマどころか真逆なのが実態ですよ。 ついでに言うけど 日本のアベノミクスは世界と同じじゃないことも知らんのか? 金融緩和や財政出動も 「世界でどこでもやっている」で片づけていますよね? 国債比較をして国民の信を問うことをしません。●金融緩和 欧米では 個人金融資産比率で間接金融資産が日本ほど多くない上に投資意識があるのに対して日本は間接金融比率が圧倒的に多いのでただの金融緩和は国民資産の損失になります。●財政出動 日本の在世出動と欧米の財政出動って違います。 財政出動ってケインズ経済学のことでしょ? ケインズってイギリス人でしょ?イギリスと日本の国情は違うのですよ。 過去のヨーロッパの歴史では官僚権力を削いだ国がイギリスやプロイセンであり 官僚に癒着したのがフランスです。イギリスの場合はジェームズ2世が亡命を余儀なくされた名誉革命以降、再三行政改革を繰り返し国王が持っていた権限を内閣に移して議員と官僚の直接交渉を一切させない政治制度を整えていますし ドイツはビスマルクや大モルトケが「能力があって意欲の薄いものを登用して、その逆は登用してはならない今の日本は逆」の方針で官僚の専制政治を抑えていました。フランスはブルボン王家の頃はエリート官僚の力が強くて行政改革が一切できず国家財政は逼迫し、さらに第一身分と第二身分が特権を持ち、第三身分が何の権利もなく重税にあえぐ。フランスの場合はこれで革命になり国王は処刑され王政復古後は白色テロで今度は国家主義や全体主義に反対する人が弾圧され その間多くの犠牲者を生みました。 日本は完全にブルボン王家時代のフランス型だからね官僚は本当に抵抗勢力であり増税しか考えていません。橋本龍太郎内閣の時行政改革会議が開かれましたが、官僚は官僚出身の族議員など60人集めて一斉に橋本議長首相が行政改革会議の議長を務めるに罵声を浴びせさせたと言うエピソードがあるくらいです。 身を切らせずに増税、心血注いでいる人達でもあります。その改革を目指した橋本竜太郎は 消費税を3→5%に引き上げましたが反面 個人所得税の減税と 相続税の減税で 差し引きは「減税」です。 国民負担を増やした総理ではありません。 一方安倍晋三は 消費税を引き上げるだけでなく 個人所得税も相続税も増税して 官僚の味方をしているだけですよ。このような日本は ケインズのいたイギリスではなく、官僚焼け太りを助けるために財政出動をしているだけです。いわば 税金泥棒の権益を増やすために財政出動して国家財政に穴をあけ そのつけを国民の預金を奪う金融緩和と消費税増税で補てんしようとしているだけだからね。このようなことを総合的に考えれば安倍政権の 金融緩和 財政出動 消費税など様々な税制、は全て国民の財産を搾り取ることにあるのは明白です。そして不満になってから騒がれないように「全体主義」は都合がよいのでしょう。そんな 全体主義的憲法を押し付けて 自由と人権を削ろうとするような政権や国家のために 自分の財産を差し出して尽くすなど実に愚かなことです。 事前に資産防衛をして国破れて山河ありとなっても 自分だけは助かる方法を選ぶのが 賢明な日本人であり安倍を信じている人は本当に一度潰れなければ 懲りないのかな? と思います。その後でも安倍支持で残る人は僅かですよ。 本物の全体主義、そして国民からは搾り取って良いと考えている国民の自由 人権 尊厳 人格などを頭から否定している人間です。アベノミクスで億った私は感謝あるのみです強いものはより強くなるイメージですねでも、アベノミクスで株はボラが出てるでしょ?ソレを取りに行くのが投資家では?

  • English 私はよく英語のラジオを聞きます
  • 報道TBS いかにも深刻な表情で不安をあおるだけの小池都
  • 相棒season10 ゲストに真野響子さんの妹さんが招待
  • 痩せたくて これはダイエットに入りますか
  • 家の虫対策元 家の虫が多くて困ってます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です