Google ?同じ文字で日付場所違うの同一みなさないた

Google ?同じ文字で日付場所違うの同一みなさないた。再回答します。エクセルでセル値同一のの同じ色で分けていくいう作業て
手作業でなく自動で行いたいの
条件
?条件付き使った場合複数の同一値全て同じ色なってまいま す
?毎回セル値違うためAの場合青するなどできません
?同じ文字で日付、場所違うの同一みなさないため名前、日付、場所の3つのセル値同一のの検索て同じ色分けなければいけない
?かなり複数の色使多い時で20種類くらい
正直関数でどうできない考えて手のこ詳い方ご協力お願います VLOOKUP関数の使い方表からデータを検索する:Excel関数。はじめに。関数のポイント データリスト範囲の左端列を検索して同じ
行の指定列の位置の値を返します。 関数のイメージ; 検索する列が昇順
に並んでいないときは検索の型をとして完全一致で検索します。

中級これで作業スピード爆速。スプレッドシートのセルに式を入れるだけで面倒な作業を一回で終わらせること
ができます。関数は馴染みがないかもしれませんが。における
ページ内検索のように。該当するデータ数を数えてくれます。関数は。その
名の通り「もし?ならば値を出力せよ」という関数で。論理式, 値,
値と表記します。関数は。指定した文字または文字列の前後で
テキストを分割し。各要素を同じ行の別のセルに表示する関数です。日付や数字を文字とつなげて自由にレイアウト。第回日付や数字を文字とつなげて自由にレイアウト関数で複数のセルの値
をまとめようおぉ。毎日市民のためにありがとう。テキスト関数
はセルの数値を書式表示形式を設定して文字列として変換する関数です。
を利用すれば。他の文字列とつなげてセルの幅にとらわれないレイアウトもでき
ます。同じようにセルをアクティブにし。次のような式を入力します。

2。関数を使う方法と「=」を使う方法の 種類をご案内しました。
– 数式が短くて簡単なのは。比較したい つのセルの
データがイコールなのかを 「=Google。スプレッドシートでは。ほとんどのデスクトップ スプレッドシート
パッケージで一般的に使用されるセルの数式をこれらの関数を使って。データ
の操作や。文字列。数値の計算を行うための数式を作成することができます。
開始日, 終了日, [週末], [休日], 特定の週末と祝日を除外して。指定した
つの日付の間の正味就業日数を返します。検索結果配列, [結果範囲], 行または
列でキーを検索し。検索行または検索列と同じ位置にある結果範囲のセルの値を
返します。

再回答します。文字制限などで再回答します。シートを挿入してください。設定シートに付き、セル配置の変更はNG、行はうえから色列番号が1行目~変更箇所は2行目、4行目以降 下方限界までOKセル色の下は条件に合わせ任意セル色を設定塗りつぶす色列番号の下の数字が実行シートの列番号です。例えば:色列番号は色を付けたい列番号になります。5は、E列を示します。1なら、A列です。計算用セルは、条件計算をセルで行います。VBAコードを直接変えるのが大変なため使用説明:設定シートに設定した条件行レベルで実行シートの上部から照合して合致した場合に指定されたセルに設定された塗りつぶしを行います。塗りつぶし対象列は、VBA実行時に塗りつぶしなしに設定されます。全ての実行は行レベルです。注意:VBAで実行された変更は元に戻せません。一応画像も確認してください。A列 B列 C列 D列 E列 F G色列番号 値列番号 ①列番号 ②列番号 ③列番号 計算用セル 計算用セル5 4 1 2 3 0 0セル色 値 条件 ①Key ②Key ③Key 以下テストーデータ1東京都 300文字東京都 3008東京都 3001=V10東京都 300*OK*東京都 300 <表組みしても崩れるのか、、使えませんね。> 設定条件は、行レベルで行われます。処理は上部より実行されます。完全一致を上に設定してください。塗りつぶされたセルがあると処理をしません。スキップします値が数値で範囲がある場合 大文字 V を使い数式で記入例:1=V10 1以上10未満の数値計算用セルに自動入力されます文字のあいまい照合は、アスタリスクを使いLike関数に入力されます。例:*OK* 文字列の中にOK が含まれていれば染める例:*OK 文字列の最後にOK が含まれていれば染めるコードについては標準モジュールにコピペOKテストする場合などは、バックアップを取ってから行ってください。Option ExplicitSub test_colorDim i As Long, j As Long, MaxRow As LongDim keyCol1 As Long, keyCol2 As Long, keyCol3 As LongDim ValCol As Long, colorCol As LongDim Item_Row As Long, Item_value As Variant, Item_ch As LongDim strVal As Variant, val1 As Variant, val2 As Variant, tmpVDim flag As BooleanDim Item_key As String, Target_Key As StringDim I_Color As LongDim wrksht1 As Worksheet, wrksht2 As Worksheet Set wrksht1 = WorksheetsSheet1 ’実行シート名に変更してください Set wrksht2 = Worksheets変数設定 ’追加した設定シート名にしてください。 colorCol = wrksht2.Cells2, 1.Value ValCol = wrksht2.Cells2, 2.Value keyCol1 = wrksht2.Cells2, 3.Value keyCol2 = wrksht2.Cells2, 4.Value keyCol3 = wrksht2.Cells2, 5.Value Item_Row = wrksht2.CellsRows.Count, 2.EndxlUp.Row MaxRow = wrksht1.CellsRows.Count, ValCol.EndxlUp.Row wrksht1.ColumnscolorCol.Interior.ColorIndex = xlNone For i = 4 To Item_Row flag = True I_Color = wrksht2.Cellsi, 1.Interior.ColorIndex '.DisplayFormat Item_value = wrksht2.Cellsi, 2.Value Item_ch = InStrItem_value, V If Item_ch0 Then strVal = SplitItem_value, V val1 = strVal0 val2 = strVal1 flag = False End If Item_key = wrksht2.Cellsi, 3.Valuewrksht2.Cellsi, 4.Valuewrksht2.Cellsi, 5.Value For j = 2 To MaxRow ’見出し行が1行あると想定しています If wrksht1.Cellsj, colorCol.Interior.ColorIndex = xlColorIndexNone Then Target_Key = wrksht1.Cellsj, keyCol1.Valuewrksht1.Cellsj, keyCol2.Valuewrksht1.Cellsj, keyCol3.Value If VarTypewrksht1.Cellsj, ValCol.Value = vbString Then GoTo strVal If flag = False Then tmpV = wrksht1.Cellsj, ValCol.Value If val1 =Then wrksht2.Cells2, 6.Value = 0 Else wrksht2.Cells2, 6.Value = =ifval1tmpV,0,1 End If If val2 =Then wrksht2.Cells2, 7.Value = 0 Else wrksht2.Cells2, 7.Value = =iftmpVval2,0,1 End If If wrksht2.Cells2, 6.Value = 0 And wrksht2.Cells2, 7.Value = 0 Then If Target_Key = Item_key Then wrksht1.Cellsj, colorCol.Interior.ColorIndex = I_Color End If End If ElsestrVal: If wrksht1.Cellsj, ValCol.Value = Item_value And Target_Key = Item_key Then wrksht1.Cellsj, colorCol.Interior.ColorIndex = I_Color End If If InStrItem_value, *0 Then If wrksht1.Cellsj, ValCol.Value Like Item_value And Target_Key = Item_key Then wrksht1.Cellsj, colorCol.Interior.ColorIndex = I_Color End If End If End If End If Next j Next i Set wrksht1 = Nothing Set wrksht2 = NothingEnd Sub[名前]、[日付]、[場所]をキーにして重複の削除をして一覧を作ります。20個ほどの一覧ができるはずですね。あとはこの一覧に一致したデータに条件付き書式で色を付けるのですが、20個なので20色、20回設定を繰り返します。私なら20回も設定するのは嫌なのでマクロを使います。マクロにしても条件付き書式にしてもセルのアドレスが分からないと数式もコードも書けません。他の人にコードを依頼するなら色の指定も必要です。違う色で分けられていればいい、ということなら乱数を使って色分けすることも考えられます。乱数を使えばここはこの色にする、という指定は不要になります。

  • 校長室から いっそいったん会話を終わらせたほうがいいとも
  • ビジネス英会話 これどう思いますか
  • 草野球助っ人 こち亀で両津が仕事をさぼって温泉でアルバイ
  • Surface pro6なのですが外付けのマイクやカメラ
  • Briggs よく目的地の1つ先まで購入してokという話

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です