電気通信大学 ピントの問題でありません数年前電通大の人測

電気通信大学 ピントの問題でありません数年前電通大の人測。で、その許容錯乱円とエアリーディスクの関係とか、どのようにするのでしょうか。デジタルカメラの被写界深度、僕被写界深度計算する数式知っていて(調べれば誰で見つけられるでょう)、エクセルでレンズの焦点距離、絞り値、被写体の距離、 「許容錯乱円」の直径入力すれば、焦点の合う距離手前側、向こう側ぞれくらいの被写界深度得られるか目安ているの、
フィルム時代の許容錯乱円0 03ミリメートル設定するの普通 でた
ちろん、写真くらいの大きさ引き伸ばて作品するかで違、
デジタル写真の場合、受像素子のピクセルの大きさ「許容錯乱円」相当するする、
上記0 03ミリ一桁小さな大きさなり、被写界深度の計算結果ひどく狭い範囲なります
ちろん、作品て鑑賞するの差支えなければ被写体の同じポイント複数のピクセルみ出ていいの、デジタル写真の場合、PCでピクセル等倍拡大てみるこできら、どうて気なります 実際、ピクセル等倍で見るピンボケ目立って、自分ってボツせざろう得ないの少なくありません
、ピントの問題でありません、数年前、電通大の人測定たころ、デジタル一眼レフカメラシャッターショックでピクセルるブレ生じており、折角の高画素数生か切れていないいう実験あった思
で、聞きたいかいう、皆様そういうこ気 実用上問題なければかまいませんか
、上の、ピクセルの大きさ許容錯乱円の大きさ相当するいう考え(理論的)間違ってか 西。波動信号処理。画像処理。センサ信号処理。手ブレ測定。シャッター振動測定。
カメラ解像度測定。バーコードリーダー。パルスオキシメーターその中でも
一眼レフのシェアは%を占めており。まさに日本の独壇場と言えるでしょう。

工藤。近年ロボット技術の進歩は著しく,従来困難と考えられていた二足歩行ロボット
なども,高性能なものが次々と開発されるようになってきています。ロボットが
我々の実際の生活の中で活躍するという電気通信大学。カメラの性能や画像品質評価のためのテスト法に関する研究 /-現在解説
無 手ブレ補正向け測定技術を開発。効果を定量的に評価 単著 西 一樹 日経
エレクトロニクス , – / 一般論文 有 擬似特許 脈拍数測定
方法及び血中酸素飽和度測定方法 特願-特開-
特許第号登録 特許 ブレ第回冬期
講習会 「デジタル一眼レフを支える技術」 日本光学会応用物理学会 /
/ 詳細表示西一樹研究室。西一樹研究室は。電気通信大学 情報理工学研究科/情報理工学部 情報?通信工学
専攻/情報?通信工学科 電子情報システムコースに所属する研究室です。 当研究
室では。画像や音声あるいは各種計測により得られた信号から目的情報を
取り出す

で、その許容錯乱円とエアリーディスクの関係とか、どのようにするのでしょうか。撮影する前に仕上げるプリントサイズを決めないと、恐ろしく無駄な事に気を遣うことになりませんか。実用上問題がなければかまいませんの方ですかね。究極、レンズの結像点は1点にしかないのを”許容”しピントが合ってるものと錯覚しうる範囲を錯乱円としようという約束ごとを過去の基準を元に決められたのが約0.03ミリという基準なのでしょう?と、私が決めたこだわりで決まった数値じゃないから自分の見た目基準で良いじゃんって方です。逆に、貴方は、現代技術レベル内で自分の感じる許容範囲をそれ以上に求めているのでしょ。それでよいのではないでしょうか。車のスピード違反で60㎞/hのところを70㎞/hまでは捕まらないけど75㎞/hだと検挙!みたいに捕まることもないですし。誤解なきように言うと、各車のスピードメーターの誤差”許容”値タイヤの摩耗による外周の変化による許容値などの加味で言い逃れ出来ないのがオバー15km/hということの様で警察がさぼってるわけではない。私は毎月メーター誤差点検して、走行距離からタイヤの摩耗加味した外周を計算からわりだし、メーター読みで誤差±5㎞/hで運行し制限速度順守に努めています。良いではないですか。白バイ、パトカーレベルの水準ですね。すごーい。と言ったようなものかと。私は、周りの流れにのって、70km/hまでの誤差、許容で運行してる方でしょうか。また、ご自身でも言っておられるよう>どのくらいの大きさに引き伸ばして作品にするかで違いますが、と、許容範囲を許容錯乱円外にもちゃんと持っておられるので、ボケが許せないと思ってるのはそちらの鑑賞時、基準運用の間違いではないでしょうか。0.03もライカ版35mmでの基準で、645なら0.043 mm、4×5なら0.100 mm8x10なら0.200 mmと、もうシャーペンで描いた点レベル?元フイルムが大きければ許容範囲も大きい。そう!拡大プリントするにも拡大率は低いので元が大きくても許される。35mmからの想定以上の拡大は評価基準に適さないのでは?さらに、疑問も。あくまで許容錯乱円は受光時のことで拡大鑑賞は印刷なら線数、モニターならドットピッチ。HDモニターと4Kモニターで内部演算処理まで計算して、1画素データーが等倍表示ではこう表示されるだろう!とか、このサイズのモニターで受光素子何個分のデーターが何個のドットの寄せ集めで表示されてるのだろうとか考えだすとハイレゾ処理のかかるモニターなど人の計算で求まるものかと?こだわりの被写界深度以上にシャキッとピントが合ってるように勝手に補正表示されるとか?もうわけわからんデジタル補正がモニターメーカー間の売りだったり。素すの画像、データーって何なのでしょう?粒子から粒子への物理定着と数値データーの視覚化では、思ってるものとは全く違う解像力を見せられてるのかもしれませんしね。手動絞りで確認すれば良い計算なんかしているとシャッターチャンスを逃すよたぶん??なんですけど写真てのはじっくり見ちゃいけない。ぱっと見。で良いと思うんです。じっくりってのはピントはどこ?とか解像度が~とか分解能が~とか難しいこと考えて等倍なんかしちゃいけないと思うんですわ。沼にはまるだけ。デジタルってのは大抵デスプレイで見ちまう。フイルムんときみたいに紙に焼いて楽しまない。でしょ?だからいかん。ぱっと見でピント怪しいのはやっぱり怪しい。へ~とかほ~とか鮮明に見えてるのは、やっぱりきっちりピント出てる。そのくらいでやめておかないと???畳一畳に伸ばしたのを虫眼鏡で見てるのと変わらないからアラは見えちゃうと思いますよ。ブレも皆無じゃないと思うし。被写界深度もフィルムより浅いと思いますよ。能書きは解らん。けど28mmでf8距離3mで、1.5m先からパンフォーカスにはならない見えないフイルムなら楽勝なのに。だから??気にしなことにしましたね。パッと見。ボツならゴミ箱。セーフなら書き出し。に。僕は経験で作品に必要な被写界深度は直ぐに分かります。君より賢い。そもそも「許容錯乱円」ってどう鑑賞するか、どの程度のボケを気にするか、で決めるものなので、一意に「ピクセルの大きさは許容錯乱円の大きさに相当」ってもんでもないかとまた、上の、ピクセルの大きさは許容錯乱円の大きさに相当するという考えは理論的に間違っていますか? 半分、間違っています。ピクセルの大きさは、センサの1画素の大きさ画素ピッチですが、許容錯乱円径は、この画素ピッチとレンズのエアリーディスク径とを比較して、数値の大きい方です。※レンズのエアリーディスク径は、語ると長いので、もし興味があれば検索してください。で、何が聞きたいかというと、皆様はそういうことを気にしますか。それとも実用上問題がなければかまいませんか。解像度と被写界深度は、非常に気にします。自分の手持ちのレンズ毎に、絞りを変えると、どんな映りをするかなどを頭にいれています。許容錯乱円径の値は気にしません。解像を優先する場合は気にします。ピクセルの大きさは許容錯乱円の大きさに相当するという考えは理論的に間違っています。理由は、ベイヤーセンサーだと、解像に寄与するG画素が総画素数の半分しかない為、?ピクセルの大きさ x 2 ≒ 許容錯乱円となります。=ではなく≒なのは、R画素B画素が解像に全く寄与しないわけでもないし、メーカーもアルゴリズムを工夫していますから、正確に2倍ではなく、概ね2倍だからです。フォビオンセンサーだと、?ピクセルの大きさ = 許容錯乱円となります。 デジタル一眼レフカメラはシャッターショックでピクセルをまたがるブレが生じこれは誤解を与える表現です。デジタル一眼レフカメラが悪者にされてしまっているので。ブレの原因には?ミラーショック?シャッターショック?ボディ内手ブレ補正の機構等があり、ブレを抑える要素には、?重量?材質等があります。なので、重量級のデジタル一眼レフカメラで、ミラーアップモードもしくはライブビューモードで撮影する方が、軽量なミラーレスで撮影するよりも、ブレが少ない場合があります。どのカメラで、どの設定や組み合わせで撮ったら、どの位のブレが生じるのか。この3点を気にすべきでしょう。レンズの性能がピクセルによる分解能を下回っているから、実際には計算通りいかないよ。光学系の収差の影響の方がはるかに大きい。全く気にしません。ピクセル等倍で見るとかいうバカなことをするからいかんのです。そんなデカいモニターで常に鑑賞してるの?細かいところをなめるように?まぁ、そうだなぁ。でも考えを変えて、広角レンズで何でも撮り、家に帰ってからトリミングしてなんでもアップに出来るのならいいかもな。24mmレンズだけでサッカー場全体を撮り、あとで選手のアップを切り抜くの。600mm使ったみたいに。便利かもな。余り芸術家には関係ないかも。芸術家は感性で写真撮影していまいます。そんな事は考えてシャッターを押していないと思うな。本当にごめんなさい。理論的には合ってますが、今の高画素機でピクセルレベルで解像するなんておっしゃるとおりで無理ですし、ミラーショックやわずかな手ブレもバレてしまうという意味では、センサー本来の性能を意識すると中判レベルのゴツイ運用をしなければならないということになり、35mm一眼レフが主流だった用途や利用者層から見れば過剰だと思います。普通に考えて合ってるでしょ。デジタルの許容錯乱円はピクセルの大きさで決まるのは常識として通っているよ。

  • 空廻&39;s 日本では日常的に飲むけどそんな大したもん
  • FRESH 夕飯時の事なので逃げるために毎回外出する訳に
  • 飲み放題付 二人で各5000円のコースを食べて本来は1万
  • 一級建築士とは また建築士の資格を取った方が良いのならど
  • 友達を傷つけて 別れた理由は無理やり押し倒してくるのはも

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です